<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

棟内モデルルームの設営

c0182803_0174860.jpg

Yです。
駅から1分のwadoのマンションの棟内モデルルームのプランの一つ目です。

ダイニングルームのイメージを作りました。
天井が高いので、シャンデリアを中央に提案しています。


c0182803_0185191.jpg

マンションのモデルルームのプランとほぼ同じイメージです。
設営をしている途中の写真です。

ダイニングテーブルとチェアーは、プラダです。
私は、この脚のエレガントな曲線が好きです。

その曲線のイメージを大切にして、シャンデリアのデザインを選びました。

天井の高さとサッシの高さ、建具の高さ、床面積などとインテリアエレメントをトータルコーディネートしたところ、シャンデリアをダイニングの中央にプランした事が、空間のバランスを美しく取る事ができた例です。


c0182803_021283.jpg

リビングルームとして、ダイニングルームの隣の和室にソファーを置きました。
ソファーは、アルフレックスジャパンのマレンコです。
和室に置くソファーなので、お座布団のイメージをするものを選びました。
張り地のアームに、オリジナルのスタンプを押してもらいました。
これは、他にない一点モノです。


私は、そのまま暮らせるモデルルームつくりを目指しています。
マンションの購入希望者に、モデルルームで、実際のスケールを感じていただく事が大切だと考えています。
ライフスタイルを提案することも大切だと思っています。
一人のインテリアコーディネーターの思いを受け入れてくれる和同建設は、お客様にとっても誠実な会社だと思います。

では、また・・・・。
[PR]
by wadoreform | 2008-12-28 00:43 | ★素敵なもの

新築マンション

c0182803_145334.jpg


Yです。

wadoreformの以前の仕事です。
マンションも建てていました。

駅から1分の立地です。
ほぼ完売です。

私は、このマンションの棟内モデルルームを担当いたしました。
[PR]
by wadoreform | 2008-12-27 01:12 | ★素敵なもの

お風呂場の手すり

お風呂場は意外にも危険がいっぱい。家庭内で事故が起きる場所としては
トップとも言われています。
お子様やご年配の方がいるご家庭はもちろんですが、一般のご家庭でも
安全性を向上する配慮はしておきたいもの。
そのひとつに手すりをつけることが挙げられます。
お風呂で最も有効な手すりの付け方、それは入り口側の壁のL字型の手すり、
そして浴槽内に取り付けた握りバーです。

浴槽の上に取り付けてあるのをよく見ますが、浴槽内で万が一滑ってしまって
ドボン、と体が泳いでしまった時、手すりが浴槽の外についていては
意味を成さないのです。浴槽の中に握れるところがあるのが大切です。

社長のお宅でもお母様が利用されることを想定して、二つの手すりを取り付けました。

c0182803_103431.jpg

c0182803_112686.jpg
[PR]
by wadoreform | 2008-12-27 01:04 | ★バス・トイレ

クリスマスの夜

c0182803_17501366.jpg


Yです。
山手111番館もwadoreformの仕事です。
横浜市指定文化財です。

ベーリックホールと同じモーガン氏の設計です。

111番館もベーリックホールもスパニッシュスタイルのように思います。

インテリアの紹介は、またの機会にいたしましょう。
[PR]
by wadoreform | 2008-12-25 17:55 | ★素敵なもの

メリー・クリスマス!


Yです。
wadoreformの作品を紹介します。

この建物、見覚えありませんか?

横浜山手の西洋館の一つです。

ベーリックホールです。

西洋館が一般公開されるにあたり、工事を担当しました。

クリスマスのライトアップで、いつもよりも華かです。

c0182803_2342429.jpg

[PR]
by wadoreform | 2008-12-25 02:35 | ★素敵なもの

インテリアコーディネーターの仕事

今回の現場は先輩インテリアコーディネーターのYさんとご一緒させていただきました。

クライアントの社長はお忙しい方。
プランニングのために何度もインタビューすることも難しいご様子です。
そこでまずはご希望を聞き、お住まいに飾られたコレクション、お人柄、
そして実際のお住まいの様子…。
そういうところからヒントを得て二人で打ち合わせを重ねプランニングしました。
プランの内容は自信作です。
そして第一回目のプレゼンテーションの時。

「ここはこうしたいんだ、そうじゃなくてね」と、
いきなり前回とは異なるご希望を語られる社長に、
あらあらどうしましょうとすっかりあわててしまった私。
でも先輩Yさんはにっこり笑って、
「ハイ、わかりました。でも、少し私たちのお話、聞いてくださいね。
とっても素敵なんですから。」粘り強く語りかけていきます。
そしてパソコンによる3Dのプレゼンテーションに、
社長もだんだんに耳を傾けてくださり…。
最終的には私たちのプランはほぼ100%、受け入れていただけることとなりました。

「お客様の言うことはお聞きする。
でも決してお客様の言いなりではだめなのよ。
ご希望の向こうにあるさらに素敵な住まいをご提案していく。
プロの立場で、より良いものを提案しご理解いただく。」

これぞインテリアコーディネーターです。


c0182803_2383118.jpg

すっかり空っぽのリビング。さてどんなふうに変身するのでしょう…。
[PR]
by wadoreform | 2008-12-19 02:43 | --プロセス

現場が気持ちいい!

私はフリーのインテリアコーディネーターです。
今回は先輩ICのYさんにお声をかけていただき、
一緒にこの現場のリフォームに関わることとなりました。
設計・施工を担当するのは大きな現場を仕切ってきた
あるゼネコンです。

初めて仕事をご一緒したので、打ち合わせや意思決定など
どう進めていくのか?手探りの日々もありました。
打ち合わせを重ねるうちに少しずつ皆さんとうまく連携が
取れるようになってきて…現場がいよいよスタート!

スタートして思ったこと…。何だかこの現場、気持ちいい!
以前、大手リフォーム会社でコーディネーターとして勤務した
経験がありますが、ここの現場は何かが決定的に違うのです…。
何でかな?

その違いを私自身が整理しつつ、少しずつ伝えていけたらいいなあと
思っています。

c0182803_023302.jpg

これは洗面室の入口付近です。大幅に変わる予定。乞うご期待。
[PR]
by wadoreform | 2008-12-16 00:28 | --プロセス

現場の帰りに…

ここのところ現場に行くのが日課になっています。
リフォームは実際に壊してみたり、壁を開けてからわかることも多くて、
現場での打ち合わせや提案になることもしばしば。

今日は帰り道、素敵なお店でランチしました。
駅近くにあるエンクエントロというお店です。
国道沿いとは思えない落ち着いた雰囲気でアンティークの家具が素敵。

素敵な笑顔のスタッフに、居心地がとっても良いお店です。
ランチも、ほら、家庭的でとっても美味しそうでしょ。
あ、Yさんが頼んだオムレツも良かったかなあ・・・。
今度あれにしてみようっと。

c0182803_031980.jpg


c0182803_03258100.jpg
[PR]
by wadoreform | 2008-12-13 00:39 | ★おいしい…

壁にあった水栓

少し前の建物では、キッチンの水栓が壁から出ているのが多いですよね。
でも今のシステムキッチンはカウンターから水栓が立ち上がっているものが圧倒的。
この家でも水栓を壁出しからカウンター出しへ変更します。
タイルにある二つの穴は壁から出ていた水栓を撤去したところ。
そして壁の中にあった給水と給湯の管を露出させました。
黒いのが給水で赤いのが給湯の管です。ここから新しい管へつないでいくのです。
こういった見えないところをきちんと処理することこそ、
リフォームで重要なポイントになります。
新しいシステムキッチンが来るのが待ち遠しいなあ。

c0182803_013816.jpg
[PR]
by wadoreform | 2008-12-12 00:03 | ★キッチン

工事開始!

いよいよ工事が始まりました!
最初は解体です。これはキッチンの部分。
吊戸も下台もみんな外して運び出します。
キッチンはL型からI型に変更する予定。
長さ2550cmと十分な長さがあるので、
ゆったりした使いやすいキッチンになると思います。
反対側には家電を収納するカウンターもできる予定・・・。
完成をお楽しみに!

c0182803_23105353.jpg
[PR]
by wadoreform | 2008-12-08 00:36 | --プロセス