カテゴリ:★打合せ( 2 )

年度末

あきらかに販売側の都合と思いますが、マンションは
年度末にお引き渡しが集中します。
年度内の決算に間に合わせるためというのが主な理由らしい。

今マンションオプションに関わるICや職人さんたちは
てんてこ舞いです。インテリア業界の中でも季節労働者なのです。
オプションというのは、原則お客様へお引き渡し後工事を行います。
お客様はお引き渡し後、なるべく速やかに新居に
住まわれたいわけですから、あらかじめ商品発注を済ませ、
段取りを組んでお引き渡し後即日、または翌日から工事開始。

即日入居のお客さまもいらっしゃるので、工事をしてたら
引越しのトラックが着いて荷物搬入も始まって…なんてこともあります。

お客様と打ち合わせをしてインテリアをプランニングし、商品
発注をして工程を組んで職人さんを手配、通常のこの流れを
早回しして凝縮して行うのがこの時期。
わたしたちも職人さんも無駄なく動けるようにベストな工程を
考えます。
なるべくスピーディに!無駄なく!でも、打ち合わせは十分に!
私のところで仕事の流れを止めないよう、対応は迅速に。
決してミスは許されません。

今週末は工事のピークです。スタミナ付けて頑張らなくちゃ。
[PR]
by wadoreform | 2009-03-03 01:03 | ★打合せ

コミュニケーション

振り返ってみると、クライアントのM様はすごく良いお客さまでした。
良い、悪い、というのは語弊がありますが、結果として良い仕事が
できるか否かはお客様と良いコミュニケーションが取れるかどうか、
ということに大きく左右される様に思います。

M様はわたしたちにいろいろご要望をお話しくださったので、プランへの
ヒントをたくさん得ることができました。そして、私たちからの提案についても
よく聞いてくださいました。
提案はもちろん理由があってしているのですが、
お客様のご希望以外にもいろいろな要素を含んできます。
そういう部分もよーく耳を傾けて聞いてくださいました。
そして信頼してお任せくださいました。それってすごくありがたいことです!
ある意味でリフォームというのはお客様とわたしたちコーディネーターや
建築士・施工管理者、施工者みなの共同作業だと思います。
そこに良いコミュニケーションと信頼関係が必要なのです。

リフォームは新築よりもさらに手作りの部分が多いと思います。
現場は千差万別。工事個所もそれぞれ違い、パターン化ということが
難しいからです。そして星の数ほど選択肢があったりもします。
また、変更も常に付きまといます。お風呂を取換えようと工事を始めたら
柱や土台が傷んでいた、追加工事が必要になり工事日程も変更が出る
なんていうことも起こりうるのです。

最近ではリフォームにもパック商品とかもあります。(○○そっくりサンとか・・・?)
選択の幅を狭めることで(キッチンはAかBから選ぶ、お風呂は色だけ選べる…など)
打ち合わせやモノ選びの煩雑さを省いて効率化し、大量生産化を可能に
している側面も大きいと思います。

ちょっとこだわりたい、とか希望通りのリフォームをしたいと思ったら、
どこと組んでやるかということがとても大切だと思います。
[PR]
by wadoreform | 2009-02-04 21:38 | ★打合せ