バーチカルブラインドとべネシャンブラインド

c0182803_1520942.jpg


こんにちは! Yです。

この写真は、最初のプランのとおり。
カーテンボックスを利用して、バーチカルブラインドを下げています。

ルーバーのファブリックがザックリとした織物であったからだと思いますが、M様から、イメージしていたより、日中、光が入ってくるので、遮光してほしいとのご要望がありました。

そこで、窓枠ににべネシャンブラインドを追加する事にいたしました。
下の写真。

c0182803_15311391.jpg


べネシャンブラインドを計画するときに、この窓が、引き違いの掃きだしであるため、左右どちらかを上げれば、テラスへの出入りが楽になると考えました。
そこで、セパレートスタイルにしました。そのため、左右で操作がきます。

さらに、バーチカルブラインドとべネシャンブラインドの操作コードが、複雑になる事を避けて、追加したべネシャンブラインドは、操作をポール式にしました。

M様は、ご満足のようです。

このお部屋は、自然光をスラットとルーバーで調整できます。
贅沢ですね。



■ ■ インテリアのミニ知識 ■ ■

□ バーチカルブラインドとは、左右、またはそのどちらかに開閉できるブラインドです。
縦型ブラインドとともいい、その羽は、ルーバーと言います。
昔は、ルーバー素材がアルミなど硬質のモノが多く、オフィスでよく使われていました。しかし、最近は、ファブリック素材の色・柄の種類が増えて、住宅でもモダンな空間には、好んで使われるようになりました。
木製のルーバーもあり、輸入品は、カラーバリエーションがたくさんあります。

□ べネシャンブラインドは、上下に開閉するブラインドです。
横型ブラインドです。
羽根は、スラットといいます。素材は、アルミや木など硬質のものになります。
スラットは、巾が、15ミリ~50ミリくらいのものが一般的です。
スラットの回転方向により、自然光を取り入れながらも、視線を遮蔽することができます。
新商品には、省エネルギータイプとして、遮断熱加工されたスラットもあります。さらに、ラダーテープの色とスラットの色をコーディネートして、インテリア性をアップできる商品もあります。



春が近いですネ。
お部屋の模様替えもしたくなります。
「お部屋には、どのブラインドがいいかしら?」
そんな時、どうぞ、私達インテリアコーディネーターにご相談くださいね。
[PR]
by wadoreform | 2009-02-06 16:08 | ★素敵なもの
<< before&after 照明変更の確認 >>