洗面室のリフォーム

洗面室には60センチか大きくて75センチの洗面台と大きな洗濯機パン。
これって少し前の住宅の定番のパターンです。
リフォームでいろいろなお宅に伺いました。昔の二層式対応の大きな
洗濯パンに全自動洗濯機をおいて中途半端に空間が余っている一方、
洗面台は小さく、オープン棚に歯ブラシやヘアトニックが所せましと並んでる・・・。
どこででも目にする洗面室の光景です。

最近の洗濯機は幅が小さく奥行きが大きくなり、昔のパンはサイズが合いません。
その分幅を小さくすればもう一回り大きな洗面台が置けます。
または収納にすることもできます。

洗面台もミラーの裏が収納になっているものを選べば、ものがしまえてスッキリ。
最近の洗面台は引き出しタイプの収納も増えましたし、ボールの形もかっこいい
のが増えてます。
カウンターの広いタイプにしたらほーらこんなにかっこいい!

c0182803_23275722.jpg


実はこのお宅では前述のように洗濯機置き場を洗面室の外に出し、
家事コーナーとしてまとめました。そこでこんな広いすっきりした洗面室が
実現しました。

水回りを小さい空間に押し込んできた従来の考え方は大きく変わりました。
洗面、バス、トイレも大切な生活空間です。健康な生活に欠かせない大切なもの。
見直してみませんか?
[PR]
by wadoreform | 2009-02-02 23:31 | --プロセス
<< 収納を超えた収納 インテリアコーディネーターって… >>