インテリアコーディネーターの眼

c0182803_21442654.jpg


Yです。
この写真は、床の材料のジョイント部分です。
奥が以前からあったエントランスホールの床材。
手前が、今回キッチンをリフォームした事で、張り替えた床材です。
材料の厚みは違いますが、色、柄、イメージは、とても近いでしょ。

奥の木質系フローリング材、手前は、硬質のビニル床材。
材質が違っても、イメージの近いものを探す努力をインテリアコーディネーターのKさんはしています。
Kさんの眼は、厳しいです。
この努力があって、空間に広がりができます。
また、各室の使用目的にもあって、機能的でもあります。


この後、見切り材が入って、スッキリします。

Kさん、
お疲れ様です!
[PR]
by wadoreform | 2009-01-07 22:03 | ★リフォーム
<< キッチン完成 2009年 仕事初め >>